もっと欲望に忠実に生きたい話

ああむしゃくしゃする! 私はいまとっても行方不明な気持ちだ。自分の感情をどこに向けていいかわからない。 いや、わかっているかもしれないのだけど、どう向けたらいいかわからないと言ったらいいだろうか。 世の中にはすごい人たちがたくさんいる。 テレ…

「ひとり」に焦がれて

掃除はとても大事だ。どれくらい大事かというと、掃除をしないとなんだかよくわからない菌が湧いて病気になったり、精神的に不安定になったり、なにも手につかなくなったりする。 身の回りが散らかっていると心の置き場もなくなって、安定しないんだと思う。…

昼休みの音楽会

SS

二人きりになると、「なんか弾いて」とおねだりする。そうすると成太はだいたい楽しくて盛り上がるような曲を弾いてくれるんだけど、それはあんまり好きじゃない。だから一度止めて「お前が弾きたいのを弾いて」と言うと、成太はようやくその時弾きたいもの…

瓶詰めの死

中学生くらいのころから始めた習慣がある。 朝起きたらまず鍵のかかった机の引き出しを開けて、瓶を取り出す。それから枕元に落ちている髪の毛を拾い集める。丁寧に、一本ずつ。集めた髪の毛を瓶に詰めてもとあった机の引き出しにしまって、再び鍵をかける。…

花束を私に

あの、大丈夫ですか。 しとしとと雨が降る道端に佇む男性に思わず声をかけてしまったのは、その人があまりにも悲壮な顔を、まるで今すぐにでも車道に飛び出していくんじゃないかというような顔をしていたからだった。真っ黒な傘をさして真っ黒なスーツを着て…

マジでいじめられっ子でご飯が食べられなくなった話

生まれた時からゲイだった よく「いつからゲイなの?」と聞かれる。あらためて聞かれると困るというか、いつからという明確なものがないので「生まれた時から」と答えているが、わりと正解なんじゃないかなーと最近思う。 自分は男が好きだと明確に意識し始…

神様、お願いします。

「自分が周りと違うことについて、違和感を持たなくなったのはいつから?」 そう聞かれて戸惑う。たしかに、昔は感じていた違和感は気が付いたら消えてしまっていた。これまでの俺はそれを当然のことのように受け止めていたけれど、よく考えてみればおかしな…

「悲しい」と「さみしい」

私は学生のころ先輩につれられて、とあるサロンに通っていた時期がある。そのサロンは商店街から少し外れたところにあるこじんまりとした店で、ドアのガラスから透けて見えるカウンターには店主の大柄な女性がいつもニコニコと笑いながら座っていた。大輪の…

夢を追う

だからさあ、俺は頑張ってたわけよ。なのにどうしてこうなっちゃうかなあ。俺の何が悪かったんだと思う。顔をアルコールで真っ赤にして管を巻く友人の言葉を聞きながら、自分も一口酒をあおる。そして今回の彼の落ち度を考える。特に思い浮かばないので「飽…

パーティーに僧侶がいない

久しぶりに書きたいことができたのでブログを開いたら、前回の更新が半年以上前だった上に前編で終わっていることに愕然とした。ていうかもう冬だ、あと一ヶ月と半月で今年が終わる! 思わず「昔はもっと季節が過ぎゆく速度が遅く思えていたのに」と口ずさん…

男子と触れ合う東京ツアー ―前編―

天気は上々、荷造りもバッチリ。 週末から東京へ三泊四日で旅行してきた。気になるイベントがあってどうしようか迷っていたのだが、我が人生の師と仰ぐ人に「お前もこいよ」と呼ばれてはせ参じたのだ。 ついでに友だちのところに泊まりにいく予定もたてて、…

笑っちゃいけないと思うほど笑いはこみ上げる

はっと目が覚めると午前5時だった。当然外は真っ暗だ。 ぬくぬくと布団に体をうずめながら「やれやれ、寝なおすとするか」と、瞳を閉じてはや1時間。 寝れない! 睡魔が帰ってくる気配なし! 最近明け方に目が覚めて、眠れずにそのまま起きるパターンが増え…

湯船にとける嫉妬心

久しぶりに湯船に湯をはった。実家で暮らしていたころは風呂を洗って湯をいれるのが私の家事のひとつだったし、家族がみんな風呂好きなので毎日のように湯船につかっていたが、一人暮らしを始めてからは月に一回あるかないかだ。 シャワーですませたほうがガ…

私と「マザーズ スピリット」

異文化交流バンザイ!! 今の私はこう叫びたい気分である。なんたってこの「マザーズ スピリット」は、辺境の部族の青年と日本人青年がいい感じになっちゃう物語なのだ。 マザーズ スピリット (Charaコミックス)エンゾウ 徳間書店 2015-11-25売り上げランキ…

カボチャの馬車で迎えて

人間の最大の矛盾は、小腹がすいたときにお菓子を食べたいけどそれをすると晩ごはんが入らなくなるところにあると思う。 空腹は最高のスパイス。耐えることでおいしく晩ごはんが食べられると思う一方で、お腹がすいたからちょっとなにかつまんでもと誘惑に負…

いざ行かん無我の境地

年をとると時間が経つのが早くなるというが、今まさにそれを体感している。 私二月の間なにしてたっけ。なんだかぼーっとしてたらあっという間に終わってしまったような。バレンタインにチョコを爆買いしてドカ食いしたところまでは覚えているんだが、次の瞬…

ほろ苦くても恋

バレンタインデイキッス、バレンタインデイキッス♪ ショッピングモールに流れる楽しげな音楽に合わせて、チョコレートを物色する人たち。バレンタイン間近のとある日、私はチョコレートを買いにきていた。 もちろん渡す相手は私自身だ。私は自分を愛している…

観光ポイントは現地男子

ここ二ヶ月ほど旅に出ていた。ようやく家に帰ってこれて、ホームの温もりをかみしめているところだ。私は一人暮らしなので家を温めていてくれる人などいないのだが、慣れ親しんだものに囲まれているというだけで心が落ち着く。 それでここのところ「やっぱり…

最強おばさん列伝

私が日本に生まれてよかったなと感じるのは、同じ出来事でも季節によってまったく違う姿を見せてくれる時だ。 例えば冬の雨上がりは、空気が冷たく澄んでとても気持ちいい。ひんやりとした空気を大きく吸い込むと、体の内側が洗い流されるような気分になる。…

世界は手の届く範囲に置いておきたい

とうとう冬がやってきた。布団の中がぬくぬくと居心地のいい季節だ。 あと少し、もう少しと布団にこもっているうちに起きなきゃいけない時間を過ぎて……なんて日常茶飯事なのではないだろうか。 もう目が覚めているのに、布団をめくったとたんにひんやりとし…

ラブのつくホテルはもう少し地味に

夜更かしを続けていたら、だんだんと眠りにつく時間が遅くなり、気が付けば明け方まで眠れなくなった。 このままではマズいと、一晩寝ずに生活習慣をなおそうとしているのだが、結局変な時間に寝てしまう。おかげで狂った生活習慣のまま暮らす日々だ。 かく…

夢の彼

寒くなってくると布団から出るのが億劫だし、ついつい朝寝坊してしまう。惰眠をむさぼっているといろんな夢を見て、これが案外楽しいのだ。 私は自分の夢が好きだ。私の夢はいつもどことなくファンタジーで、茫漠とした世界の広がりを感じさせてくれる。たと…

私と「SNEAKY RED」

愛は思わぬところから、殴りつけるように降ってくるものなのかもしれない。残酷に暴力的に降りしきる雨だって、最後には大地を潤し晴天を連れてくるのだ。 と、いい感じに言ってみたが、この作品はただの暴力からはじまる。しかも容赦ない一方的な暴力だ。さ…

痛みだって思い出さ

▽今週のお題「私のテーマソング」 小さい頃、私の家のまわりは田んぼだらけだった。近道のあぜ道を通りながら自作の歌をいつも歌っていたので、家に帰ると母に「ああ、アンタが帰ってきてると思ったわ。今日はなんの歌だったの?」と笑われる始末だ。 中学校…

一人また一人と消えていく

太陽はしぶとく夏にしがみついていながらも、風が着実に秋をはこんできているこのごろ。みなさまいかがお過ごしでしょうか。 今日は季節はずれの、背筋が「ゾッ」とするお話をいたしましょう。 それは私が友人とLINEでやりとりしていたときのことでした。 友…

岸本さんの愛の深さにシャッポを脱ぐ

見事討ち死にを果たした。 螺旋丸にハート(心臓)をぶち抜かれ、木の葉隠れの里の大地を全身で味わっている。うおお、ボルト、ナルト~、君たちはどうしてそんなにかっこいいの!君たちの魅力に私の全身はバイブのように震えているぞ! ピンポンパンポン♪ …

私と「海辺のエトランゼ」

私は今日、ついにボーイズがラブする漫画に手をつけてしまった。 いや、以前からちらちらと見たりはしていたのだ、興味が津々だったのだ。しかし明確にボーイズがラブしている本を買って読んだのは、これが初めてである。 一言で言えば、新世界だった。ホモ…

盆と正月はゲイの鬼門

私がいま一人暮らしをしている家は、実家から3、4駅ほど離れたところにある。電車で一本で帰れるので、「帰ってこい」という指令が母からくだるのも日常茶飯事だ。普段は面倒くさいのでアレやコレやと理由をつけて断っているのだが、さすがにお盆くらいは顔…

「あいつ私のことが好きだったんじゃないか」症候群

「はやく来てほしいから、きゅうりの馬で走ってこれるように」 「帰りはたくさんおみやげをもってゆっくり無事で帰れるように、茄子でつくった牛に乗って」 私はお盆が好きだ。別にお盆だからといって、きゅうりの馬や茄子の牛をつくるわけではない。しかし…

夏、海、男

ついに夏がやってきた。 今年の太陽はやたらと強くて、私の皮膚組織を殺そうとやっきになっているようだ。引きこもりの白い肌は、太陽の光にあぶられて悲鳴をあげている。 あまりにも暑いので、いっそのこと暑さ(熱さ?)を追求してやろうと、汗がほとばし…

スーツを脱いだ姿が見たい

私には苦手なものが二つある。 一つは湿気だ。じめじめとした空気の中にいると、湿気たせんべいのようにふにゃふにゃになってしまう。 梅雨時の私の歯ごたえの無さたるや、生まれたばかりの小鹿のようだ。 そしてもう一つは暑さだ。もともと少ない体力が熱に…

愛としょうゆはエッセンス

風邪をひいてしまって、ここ二日ほど寝込んでいた。 いろいろとしんどいことがあって、肉体的にも精神的にも無理がきていたのだと思う。体が「ちょっと休め」のサインを出したのだ。 一年の中には決まった行事がある。 年越し、バレンタイン、ひな祭り、こど…

愛のレッスンABC(A君とB君の場合)

「愛されるのには練習が必要だ」というのが私の持論である。 例えばここに二人の男の子を登場させよう。 A君はクラスの中心的人物でみんなに好かれ、失敗しても笑ってすまされてしまうお調子者だ。 一方のB君はちょっぴり引っ込み思案で、失敗すると「大丈夫…

君の悩みを聞きたくて

昼間の気温がメキメキとあがって、冬がどんどん遠ざかっていくのを感じる。 ああ、待ってあなた、行かないで。私あなたが好きなの。そんな風にすがってみても、時は無常に流れていく。 現実を受け入れることにして、今日は大掃除をかねて衣替えを実施した。 …

呆れた顔で笑ってよ

新年度が始まって、はや一ヶ月。 新入社員や新入生という言葉を見る機会が多くなり、フレッシュパワーと花粉を目から流し込まれて悶絶している。 私の通う大学にもピカピカの一年生がはいってきて、学内の平均年齢が2歳くらい若返った。 この間まで高校生だ…

関西の風

春が近づいてきたからか、雨が多い。 私は無力だ。洗濯物がドンドンたまっていくのを、なす術もなく眺めることしかできない。 もしも私に天候を操る力があれば、洗濯物をしたい人リストを作るだろう。リストに人が溜まってきたら一日晴天の日をつくって、思…

恋の味

しばらく更新をほっぽらかして遊び呆けていた。 そうしたところ「更新まだですか?」という言葉を超えて、「生きていますか?」というおたよりをいただいてしまったので、生存報告をしにきた次第だ。 ワタクシ、生きております。 近頃よく、恋とはなんぞやと…

君は俺の18禁

背後にある温もりが、ゆっくりと呼吸する気配がする。 落ち着きかけた心臓は、身動きして身体が触れるたびにあるべき場所から飛びだした。私はだき枕を強く抱きしめて、それを力ずくで元々の場所に戻そうと苦心する。 「だき枕っていいんですか?」 低くかす…

今すぐここから私を攫って

もうこんな生活耐えられない! 私はちゃぶ台もひっくり返らんばかりの勢いで立ち上がった。そのままベッドへ飛び込み、毛布を引っかぶる。 ついに限界がきたのだ。 世の中には、しゃべることでストレスを発散する人種がいる。主に女子高生やおばさん、おばあ…

親の心子知らず

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。 毎年思うことだが、この挨拶はいつごろまでしていいんだろうか。まだ一月なので問題ないということにしておこう。 年が変わったというのに私はあいかわらずボケナスで、やらかすばかりの毎日だ。 今年…

昨日生まれたと思ったら

ウィーン、ガガガガガ、ヂュギイイイイ。 こだまでしょうか。 いいえ、我が家の前を工事する音です。 昨晩、三時ごろ。 私はベッドにクッションをたてかけて、布団に埋もれてぬくぬくしながら本を読んでいた。 なんとなく眠たくなってきたけど、本はまだ半分…

ノーパン沼は深い

雨が降ったりやんだり。なんだかじめじめしていたり。天気がとっても不安定だ。 「パンツがないよ!このまま洗濯できなかったらノーパンだよ!」ってこの間騒いだけど、出かける予定がなかった日、けっきょく丸ごとノーパンで過ごしました。 あまりくわしい…

小暮写眞館

近ごろしょっちゅう投げやりな気分になる。 別に何があったというわけではない。日々はいつも通りだし、大した事件もないし、自分で言うのも難だが「幸せな毎日」だと思う。 だから不意にあーあ、と思ってしまうのは、完全に自分の内側のことが原因だ。 あり…

女子高生並みの強度が欲しい

十二月に入った途端に風が冷たくなって、日々震えながら過ごしている。 いやほんと、ここ数日でびっくりするほど気温が下がった。 ついこの間までは日中の日差しは暖かくて、冬物の上着を着るかどうか迷うくらいだったのだ。ズボラな私はパーカーを一枚羽織…

紅葉を狩る

休日。いつものように惰眠をむさぼっていたら、友人の都くんから連絡がきた。 「はい……どうしたの……」 「紅葉狩りに行こう」 「今日は無理なんだぜ。来週ならいける」 「じゃあ来週。車で迎えに行くんで、そういうことで」 トントン拍子で話は進み、あっとい…

あなたのために

私は冬が好きだ。冬は温かいものを、温かいと思うことができる。 例えば肉まん。コンビニで買ったばかりの熱々をほお張ると、なんとも言えず幸せな気持ちになる。 持っているだけで手が温まるし、冷え切った空気の中にほくほくと白い湯気が立ち上るのもいい…

こたつの中で膨らむいろいろ

この間まで「だんだん寒くなってきたなー」とか思っていたのだが、昨日今日でいきなり冷え込んで驚いている。 ツイッターを見ていたら、北海道のほうでは雪がつもりまくっているとか。ひええ、まだ十一月半ばなのに。試される大地には今年も試練の時期が訪れ…

女装とノーパン

雨が降りがちなせいで、なかなか洗濯ができない。このままではノーパン生活を余儀なくされそうだ。 部屋の中もじめじめしていて居心地が悪い。某アンパンの「顔が濡れて力が出ないよ」というセリフが頭をよぎる。 やる気が出ないのでベッドでゴロゴロしなが…

諸悪の根源は彼?

めっきり寒くなってきた近頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 私は冬の生き物ですので、体にどんどんとエネルギーが漲ってくる(気がする)のを感じております。 街には銀杏が大量に落ちていて、とても臭いです。銀杏を街路樹として植えた人は、一体何を考…

いつだって上書き保存

昔から自分ってけっこう忘れっぽいな、と思っていた。なんで忘れてしまうんだろうと時々考えていたが、最近なんとなくその理由がわかってきた。 私は記憶がすぐに上書きされてしまうのだ。 だからやることが少なかったりすると、わりと記憶力がいい。 しかし…